はせきょととよえつっ!


スポンサードリンク
 




はせきょーととよえつですかぁ、

もんもんしますねー

失楽園とか僕には意味不明ですが、、

作者さんも大満足!!(フンフン)

なんだか、キャスティングだけで

もんもんしてきますねー!

ぜひぜひみてみましょう!

おもしろそうだ!








(引用元)eiga.com
ここから引用になります


「愛の流刑地」、原作の渡辺淳一も大満足のキャスティング
社会現象を巻き起こした「失楽園」の渡辺淳一が、同じく日本経済新聞で連載した「アイルケ」こと「愛の流刑地」が映画化される。その製作発表記者会見が、9月7日、東宝スタジオ(東京・成城学園)で行われ、原作の渡辺淳一、監督の鶴橋康夫、主演の豊川悦司と寺島しのぶはじめ、総勢11人の豪華で個性あふれるキャストが参加した。

 本作は、1人の作家と、愛する人の手によって命を絶たたれることを望む人妻の、究極の愛のかたちを描いた問題作。今回、監督・脚本を手がけた鶴橋にとって、渡辺文学の映像化は75年「野わけ」に続いて2作目となるが、初の映画監督作となる。会見で監督は、出演者1人1人を出席をとるように紹介。ただ1人、名前を呼ばれなかった陣内孝則は「おそらく監督の期待度はその程度だと思う」と言って会場を沸かせ、また「本当にエスプレッソのような濃いキャスト」と個性豊かなキャスティングについての感想を漏らした。

 豊川とともに主演を勤めた寺島は「豊川さんとスタッフの優しさによって、本当に集中できた」と涙ぐむ場面もあった。また、実の母である富司とは親子役で共演している。原作の渡辺淳一も「豊川さんと寺島さんの名前を見たときに、これはいいと即座に思った。今回はハードで深い表現が多いのでこの2人なら、と大変嬉しく思う」と期待の言葉を述べていた。「愛の流刑地」は07年1月13日より公開。


(引用元)



ここまでが引用になります (引用元)eiga.com






長谷川京子


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。