津野町 核


スポンサードリンク
 



森林浴が、ウリの町も、核処理施設となったら、

NBC装備なしでは、呼吸もままなりません。。

まったくブラックジョークもいいところですね。。

でも、そのエネルギーを使ってPCを使っているという

認識も忘れてはいけませんね。。反省。







(引用元)
ここから引用になります




津野町で応募の動き 核廃棄物処理施設

 原子力発電環境整備機構(原環機構・東京)が公募する高レベル放射性廃棄物の最終処分施設をめぐり、高岡郡津野町で候補地への応募を求める動きが出ている。4日には町民有志が町議会に陳情書を提出。これに対し、誘致反対を求める町民有志も同日、陳情書を出し、それぞれ全議員で構成する町行財政改革特別委員会(大地勝義委員長)に付託された。いずれの陳情も、12日に開かれる予定の同特別委で協議されるが、これまでに全国で正式応募した自治体はなく、大きな論議を呼びそうだ。

 高レベル放射性廃棄物は、原発の使用済み核燃料を再処理してできる極めて放射性の強い廃液。ガラス固化体にして青森県六ケ所村の中間貯蔵施設などで30―50年間冷却した後、地下300メートルより深い場所に約4万本を埋設し約50年間かけて処理する計画。
(中略)今月も同機構が一部町民に対し説明会を開いた。

 4日は、町商工会の高橋幸人副会長=芳生野甲=ら2人が、文献調査へ応募することを求める陳情書を約100人分の署名を添えて明神健夫町長、山本昇平議長あてに提出。高橋副会長は「どこかが受け入れなければならない施設。応募しても直ちに受け入れが決まるわけではない。町の将来を考え、受け入れ可能かどうかを検討することが大切だ」としている。

 一方、誘致反対を求める内容の陳情書は、町民有志から山本議長あてに2件提出された。提出者の一人、水足浩さん(31)=力石=は「高レベル放射性廃棄物は危険で、農家らにとって風評被害が大きく反対だ。多くの町民が知らないまま誘致が進められることにも危惧(きぐ)を感じる」としている。
 
(引用元)


ここまでが引用になります








津野町





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。