ローマ法王発言が問題に


スポンサードリンク
 




どちらの宗教にも属しては居ないのですが、、

正直、いいかがんにしなさい、どちらともっ!

と、言いたいのは私だけでしょうか??

根が深いから、とか、昔からあるから、とか

もなんとなくわかるのですが、、

これらの恨みの連鎖で、実際家族を失った人でない人には

わからない、という気持ちもわかるのですが、、

そろそろ、そのエリアから出てみる勇気は

ありませんか?と問いたいです・・。





ここから引用になります(引用元)ヤフーニュース


イスラムは「邪悪」と発言=ローマ法王発言に怒り広がる

 【ニューデリー15日時事】ローマ法王ベネディクト16世が、イスラム教が本質的に暴力を容認する宗教であるかのような発言をし、イスラム諸国から怒りの声が相次いでいる。2001年9月の米同時テロ以来、欧米の一部にはイスラムの教義そのものに暴力の原因を求める議論があり、イスラム教徒の神経を逆なでしてきた。パキスタン議会は15日、法王に発言の撤回を求める非難決議を全会一致で採択した。
 ローマ法王は12日、訪問先の母国ドイツの大学で行った講義で、東ローマ帝国皇帝によるイスラム批判に触れ、「(イスラム教開祖の)預言者ムハンマドが新たにもたらしたものを見せてほしい。それは邪悪と残酷だけだ」などと指摘。その上で、イスラムの教えるジハード(聖戦)の概念を批判した。 


ここまで引用になります(引用元)ヤフーニュース






時事芸能ニュース



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。