テレビ ゲーム


スポンサードリンク
 



wii

でますね、ついに!

しかし、でも、むかしからこんな感じの体感系のもの

はで続けているんですよね。。

一サイクルとしてはそろそろモウ一ひねりないのかな?

とも思うのが正直なところですが、みなさんはどうでしょう?







(引用元)GOOゲーム
ここから引用になります




Wiiのある生活”でゲームスタイルが変わる! “Wii Preview”にて新製品発表会&試遊体験会を開催


 2006 年9月14日、幕張メッセイベントホールにて“Wii Preview”が開催され、任天堂取締役社長・岩田 聡氏、専務取締役・宮本茂氏により“Wii”の発売日や価格、発売タイトルラインナップ、機能などが発表された。発売日と価格は既報のとおり2006年12月2日発売、価格は 25,000円(税込)、コントローラは3,800円(税込)。また、同時発売として10社16タイトルを予定、2006年内には27タイトルの発売を予定しており、発表会終了後には同ホールに特設された試遊台コーナーではそれら注目タイトルがプレイアブル出展されていた。

 “Wii Preview”の冒頭に登場したのは任天堂取締役社長・岩田聡氏。挨拶を行うとともに“Wii”の開発コンセプトが語られた。同氏は近年のゲーム離れ現象について触れ、ゲーム人口の拡大を基本戦略として行い、その最初の答えとして発売したのがニンテンドーDSであると解説。そのニンテンドーDSが好調であり、市場の流れが変わったこともあって「ゲーム市場は“脱ゲーム離れ”の段階に移行したといえる」と評した。また、同氏はもう1つの大きな変化として「ゲーム機の一世帯あたりのユーザー数の増加」を挙げ、世帯あたりのユーザー数がゲーム人口拡大の達成度を示す指標となる」と語る。そして人口拡大の次なる担い手となるのが注目の次世代機“Wii”だ。

(引用元)GOOゲーム


ここまでが引用になります







結婚



探偵



見合い






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。